Font Awesome
資格

専業主婦が取るべきおすすめの国家資格 8選

資格
この記事は約5分で読めます。
記事を書いた人
プロフィールナナ
ねこ好きの40代専業主婦
【保有資格】FP2級、簿記2級
宅建、登録販売者

専業主婦が社会復帰を目指すなら、国家資格の取得がおすすめ。

なぜなら国家資格があるだけで、キャリアアップを目指せるし、履歴書に記載ができて再就職につながりやすいから。

専業主婦におすすめの国家資格はありますか?

ナナ
ナナ

専業主婦におすすめの資格は、通関士や宅建士や社労士などです。

国家資格には、受験資格のある資格と、受験資格のない資格の2種類があります。

国家資格を取るメリットは、何といっても国が認めている資格なので、信頼性が高いことです。

今回は、専業主婦が取るべきおすすめの国家資格を8個紹介します。

こんな人におすすめの記事
  • 専業主婦の人で再就職をしたい人
  • 専業主婦の人でキャリアアップを目指したい人
  • 専業主婦の人で国家資格を取りたい人

専業主婦が取るべきおすすめの国家資格 選

主婦におすすめの国家資格一覧

資格受験資格合格率難易度
通関士誰でも15%★★★
宅建士誰でも17%★★★
ITパスポート誰でも50%
登録販売者誰でも40%
FP技能士誰でも20%★★
介護福祉士あり 実務経験71%
社会保険労務士あり 学歴or実務経験or行政書士合格6%★★★★★
保育士あり 学歴or実務経験20%★★

受験資格なし誰でも取れる資格

  1. 通関士
  2. 宅建士
  3. ITパスポート
  4. 登録販売者
  5. FP技能士

通関士

通関士とは、貿易に欠かせない貿易関係の仕事をする専門家です。

日本の企業は、商品を海外に輸入したり輸出したりしています。

そして商品を輸出する際は、税関に申告して許可を受ける必要があります。その書類の審査を行うのが通関士の仕事です。

就職先は、商社・物流関係・航空会社など通関業務を行っている会社。

宅建士

宅建士とは、宅地建物取引士の略称で、不動産取引に欠かせない専門家です。

不動産の取引を行う際、トラブルを防ぐため、専門家である宅建士があらかじめ重要事項の説明を行います。

また事務所には、一定の宅建士の設置要件があります。

宅建士は、独立開業も可能な資格です。

就職先は、不動産会社、建築会社、金融機関など不動産を扱っている会社。

ITパスポート

ITパスポートとは、ITの基本的な知識を持っていることを証明する資格です。

IT社会の今、ITに関する知識は当たり前の時代。

企業ではITパスポートの資格が重要視されていて、ITパスポートの資格は必須です。

単体での資格としては弱いので、他の資格と組み合わせて取るのがおすすめ。

登録販売者

登録販売者とは、一般用医薬品の販売ができる、医薬品の基礎知識を持つ専門家です。

薬の大半の割合を占める、第二類と第三類の一般用医薬品の販売ができます。

就職先は、ドラッグストア、薬局など医薬品を扱っているお店。

圧倒的合格率82%!登録販売者受験対策講座【三幸医療カレッジ】

FP技能士

FP技能士とは、ファイナンシャルプランナーのことで、お金の詳しい知識を持つ専門家です。

FP技能士の仕事内容は、顧客への資産設計のアドバイスが主です。

貯金、保険、住宅ローンなど、顧客のライフプランに応じてアドバイスをしたり、提案を行います。

就職先は、金融機関、保険会社、証券会社、不動産会社などお金の知識が必要な会社。

FP技能士は、単体で取得するより他の資格と組み合わせがおすすめ。とくに相性が良いのは宅建士。

再就職を考えるなら、FP2級以上が必須です。

>関連記事主婦が資格を取るならFPと宅建どちらがおすすめ?難易度が高いのはどっち?

受験資格あり一定の要件あり

介護福祉士

介護福祉士とは、介護に関する知識を持つ介護の専門家です。

介護に関する資格は色々ありますが、介護福祉士は唯一国家資格として国から認められています。

介護福祉士の仕事内容は、介護が必要な方の介助や、家事などの生活援助、社会活動の支援などを行います。

介護福祉士になるには、介護施設での3年以上の実務経験などが必要です。

就職先は、特別養護老人ホームや障害者施設、訪問介護サービス事業者など介護を行っている施設。

介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで!

社労士

社労士とは、社会保険労務士の略で、社会保険や労働に関する詳しい知識を持つ専門家です。

社労士の仕事内容は、社会保険や雇用保険など行政機関に提出する書類の作成や提出の代行を行います。

社労士になるには、実務経験or学歴or行政書士の試験に合格が必要です。

就職先は、社会保険労務士事務所や法律事務所など。

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 社会保険労務士講座

保育士

保育士とは、こどもの保育やこどもの保護者に対して保育の指導を行う、保育に関する詳しい知識を持つ専門家です。

保育士が保育するこどもは、乳児から小学校入学までの幼児のことを指します。

保育士の仕事内容は、しつけ、遊び、食事や着替えなど身の回りの世話や、社会性や協調性など心身の健康的な成長を手助けします。

保育士になるには、大卒や短大などの学歴or実務経験が必要です。

就職先は、保育所、児童養護施設、認定こども園など。

まとめ

専業主婦が取るべきおすすめの国家資格を8個紹介しました。

再就職を考えているなら、国家資格を取得するのがおすすめです。

国家資格は国から認められている資格で、信頼度が高く再就職に有利だからです。

今回の記事を参考に、取得する国家資格を選んでみてくださいね。

この記事を書いた人
ナナ

このサイトを運営しているナナです。

ねこ・株式投資・節約・資格取得・音楽鑑賞・断捨離が好きです。
何でもやりたいことはやってみる!
というチャレンジ精神でブログを始めました。

1度きりの人生楽しまなきゃ損!がモットーです。

ナナをフォローする
ナナをフォローする
ねこのライセンス
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました