Font Awesome
40代ライフスタイル

40代夫婦が家を買わない理由は何?賃貸の方がお金がかからないし気楽だから

家を買わない理由40代ライフスタイル
この記事は約5分で読めます。
記事を書いた人
プロフィールナナ
ねこ好きの40代専業主婦
【保有資格】FP2級、簿記2級、宅建、登録販売者
簿記1級勉強中!

マイホームは、みんなの憧れですよね。

ナナ
ナナ

もし自分の家があったら、何をしようかな・・・と想像すると、ワクワクします。

でもその前に、現実問題として直面するのがお金の問題です。

家は土地と合わせて買うとなると、最低でも約3,000万円はかかります。

マイホームは、みんなの夢と同時に、人生最大の大きな買い物です。

今回は、40代夫婦が家を買わない理由と、家を買わなくて良かった理由を紹介します。

こんな人におすすめの記事
  • 持ち家か賃貸か悩んでいる人
  • 家を買わない理由を知りたい人

40代夫婦が家を買わない理由

  1. 住宅ローンを組みたくないから
  2. 近所付き合いが大変だから
  3. 家の管理が面倒だから

結婚してから今までの間に、3回くらい家の購入を検討したことがあります。

1回目は結婚するとき、2回目は中古住宅が安く売られていたとき、3回目は子育てが一段落したとき。

住宅ローンを組みたくないから

家を買いたくない最大の理由が、住宅ローンを組みたくないからです。

住宅ローンを言い換えると、借金ですよね。

家を買うと40年近い返済期間、3,000万近い借金を背負うことになります。

我が家は夫婦どちらとも借金をするのが嫌いなので、もし家を買うとしたら、現金一括払いになると思います。

家の購入を検討した3回とも結局、家を一括で買える余裕のお金はなく、断念しました。

ナナ
ナナ

今考えると、あのとき買わなくてよかったと思います。

近所付き合いが大変だから

家を買いたくない理由は、近所付き合いが大変だからです。

賃貸ならほとんど近所付き合いはありません。最低限の付き合いで済みます。

家を買うと、基本的には一生涯その場所で暮らすことになります。近所に面倒な人がいたら、ずっと付き合いが続きます。

ナナ
ナナ

考えるだけで、面倒ですね。賃貸の気楽さには勝てません。

家の管理が面倒だから

家を長持ちさせるためには、日頃からメンテナンスと修繕が欠かせません。

外壁塗装、屋根、水回りなど

持ち家だと、家を購入してから10年後には、修繕やリフォームが必要になります。

さらに地震や水害などの災害があれば、家を失うリスクもあります。

日ごろから家の管理も必要です。

その点、賃貸は自分で修繕をする必要がないので、心配することなく、気楽に過ごせます。

家を買わなくて良かった理由

  1. 生活にゆとりがあるから
  2. お金を運用して増やせるから
  3. 家は資産価値がないから
  4. 家は早く買えば買うほど古くなるから

生活にゆとりがあるから

家を買わなくて良かった最大の理由は、生活にゆとりがあることです。

家賃は必要な出費と割り切れば、もったいなくはありません。家賃の安い所に住めば、かなりお得な生活ができます。

家賃よりも問題なのが、住宅ローンを組むことです。

生活が苦しくなる理由が、利息の支払いをすることだから

ローンを組まないと、余計な利息を支払う必要がないので、お金が貯まります。

生活にゆとりがあるおかげで、精神的にもとても気楽に過ごせます。

借金の返済に悩むこともありません。ローンの支払いのために、仕事に追われることもなしです。

ローンを組まないので、時間とお金に余裕ができて、好きな物を買ったり、好きなことをしたり、ゆとりのある生活が送れます。

こんな風に生活にゆとりがあるのもローンを組まないおかげです。

お金を運用して増やせるから

家を買わないと、基本的にお金が貯まっていきます。

なぜなら賃貸の場合、賃料以外に余分にお金が出ていくことがないから。

そして貯金の一部を株式に投資して、お金を増やしています。こんな風に投資ができるのも、やっぱり家を買わないおかげです。

株式投資は、高配当株に投資すればお金が増えていきます。

ローンを組めばお金を借りる側になり利息がかかるけど、株式投資は逆に利息(配当金)がもらえるのがすごいところです。

>合わせて読みたいお金の勉強をしたい主婦の人におすすめの本

家は資産価値がないから

新築の家は、購入した瞬間から資産価値が2割下がると言われています。

3000万円で購入したとすると、買った途端2400万円です。

しかも、一部の地域を除いて地価は下がり続けています。

家は高額の買い物にも関わらず、一部の地域を除いて、資産価値は全くありません。

ナナ
ナナ

家は不動産ではなく、負動産と言われるのもよく分かりますね。

それなら資産価値のある、株式投資や不動産投資をした方が、お金を有効に生かして増やせます。

ナナ
ナナ

資産と負債の違いを学べば、家を買うことが何故損をするのかが分かりますよ。

>関連記事資産と負債の違いは何?お金持ちになるために知っておきたいこと

家は早く買えば買うほど古くなるから

ナナ
ナナ

家を買うなら早い方がいいって言いますよね。

それに賃貸の家賃を払うより、自分のものになる家の方がお得!というのもよく聞く言葉です。

でも家を早く買えば買うほど、家はどんどん古くなっていきます。

一般的に家の寿命は、木造で大体約30年程度です。

あまりに家を早く買いすぎると、老後を迎えるまでに家の建て替えの時期になったり、家の修繕にお金がかかってしまいます。

結局、家を持つことはいつまでもお金がかかるということです。

さらに家にも流行があり、10年くらい経つとデザイン的にも古さを感じますよね。

お金が貯まった頃に買えば、おしゃれな最新の設備付きの家が買えます。

まとめ

新築の家は次々に建って住宅は増え続けているのと同時に、空き家もどんどん増えています。

これからますます少子高齢化社会になって世帯数は減り、さらに空き家は増える一方です。

住宅は余っているのに、新築の家が増えているというのも、変な話ですよね。

もし今後、家を買うことがあるとすれば、貯金に余裕があって、お得な物件を見つけたときです。

それまではしっかり貯金をして、一括払いができるようにしたいと思います。

この記事を書いた人
ナナ

このサイトを運営しているナナです。

ねこ・株式投資・節約・資格取得・音楽鑑賞・断捨離が好きです。
何でもやりたいことはやってみる!
というチャレンジ精神でブログを始めました。

1度きりの人生楽しまなきゃ損!がモットーです。

お問い合わせやご意見はこちらからお願いします。

ナナをフォローする
Brandear(ブランディア)
ナナをフォローする
ねこのライセンス
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました