Font Awesome
WordPress

サイトマップ自動作成 プラグインGoogle XMLSitemapsのインストールと設定方法【Cocoon】

ブログ初心者 おすすめ アフィリエイトWordPress
この記事は約3分で読めます。
記事を書いた人
プロフィールナナ
ねこ好きの40代専業主婦
【保有資格】FP2級、簿記2級、宅建、登録販売者
簿記1級勉強中!

XMLSitemapは、Googleの検索エンジンに、サイトの構造(地図みたいなもの)を知らせるために必要なものです。

Googleの検索エンジンのクローラーが、サイトを巡回するのを助けます。

「XML Sitemaps」というGoogleのプラグインをインストールすると、自動でSitemapが作成・送信されるようになります。

今回は、「XML Sitemaps (旧Google XML Sitemaps)」 のインストールと設定方法を紹介します。

XML Sitemaps (旧Google XML Sitemaps)のインストールと設定方法

XMLSitemapを自動で作成・送信するためにすることは、以下の2つ。

  1. 「XML Sitemaps」プラグインのインストール
  2. XML Sitemapsの設定

XML Sitemapsプラグインをインストールする方法

以前の名称は、 「Google XML Sitemaps」でしたが、今の名称は、「XML Sitemaps」です。

まずはワードプレスにログインして、ダッシュボードから、「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

キーワードの横にある、「プラグインの検索・・・」の欄に「 XML Sitemaps 」と入力します。

ナナ
ナナ

表示された画面をスクロールすると、中間あたりに表示されますよ。

もし表示されない場合は、「XML Sitemap」と入力してみて下さい。

プラグインが表示されたら、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了したら、有効化するのを忘れないようにしましょう。

XML Sitemaps の設定方法

ナナ
ナナ

次は、XML Sitemapsの設定を行います。

ワードプレスのダッシュボードの画面から、「設定」→「XML Sitemaps 」をクリックします。

「投稿の優先順位」が初期設定のままだと、新しい記事がなかなか検索エンジンに認識されません。

いち早く検索エンジンに認識してもらうために、投稿の優先順位を「優先順位を自動的に計算しない」に変更します。

カテゴリーページも送信したい場合は、「Sitemapコンテンツ」の「カテゴリページを含める」に✓を入れます。

カテゴリーに未分類がある場合、このままでは送信されてしまうので、除外の設定を行います。

「Excluded Items」の画面にある、含めないカテゴリーの「未分類」に✓を入れます。

これで、未分類のカテゴリーは除外されます。

次は「Change Frequencies」の画面で、クロールの頻度を個別に設定していきます。

一番重要なのは、投稿(個別記事)です。

投稿の設定を、「毎日」にします。

投稿の設定を毎日にすることで、新着記事を投稿したり、リライトを行ったときに、素早く伝えてくれるようになります。

ナナ
ナナ

あとはお好みで、自分の好きな頻度に設定しましょう。

優先順位の設定を行います。

「1.0」が一番優先度が高いです。

先ほどと同じく、投稿(個別記事)が重要なので、「1.0」に変更します。

優先度が高い「1.0」~優先度が低い「0.0 」まで、好きな数値に設定できます。

投稿以外の項目は、自分の好きなように設定します。

「変更を更新」をクリックすれば、設定が完了しました。

まとめ

今回は、XML Sitemaps (旧Google XML Sitemaps) のインストールと設定方法を紹介しました。

XML サイトマップの作成と送信は、プラグインをインストールして、設定するだけなので簡単にできます。

ぜひ今回の記事を参考に設定してみて下さい。

この記事を書いた人
ナナ

このサイトを運営しているナナです。

ねこ・株式投資・節約・資格取得・音楽鑑賞・断捨離が好きです。
何でもやりたいことはやってみる!
というチャレンジ精神でブログを始めました。

1度きりの人生楽しまなきゃ損!がモットーです。

お問い合わせやご意見はこちらからお願いします。

ナナをフォローする
ナナをフォローする
ねこのライセンス
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました