Font Awesome
ミニマリスト

ミニマリスト主婦の必需品 鉄フライパンの魅力を紹介 メリット・デメリットは何?

ミニマリスト主婦 愛用 鉄フライパンミニマリスト
この記事は約6分で読めます。

断捨離をして、シンプルな生活をしていても、使っている物はいつか壊れて使えなくなり、買い替えるために物を買う必要があります。

ミニマリスト主婦にとって、物を買うのは一大事。

できれば、これ以上物を買いたくないのが本音です。

>合わせて読みたいミニマリスト40代主婦が物を増やさない8つの習慣!

そんなミニマリスト主婦の悩みは、フライパンが1年くらいで使えなくなることでした。

そこで思いついたのが、テフロン加工のフライパンをやめて、鉄フライパンを使うこと。

鉄のフライパンなら、加工がはがれることはないので、実質、一生使えます。

鉄のフライパンを使って以来、すっかり鉄のフライパンの魅力にはまってしまいました。

今回は、ミニマリスト主婦が愛用している鉄フライパンのメリットとデメリットを紹介します。

ミニマリスト主婦が鉄フライパンを使う理由は?

鉄フライパンに目覚めたきっかけ

テフロン加工のフライパンの魅力といえば、軽くてお手入れが簡単なところですよね。

だけど、テフロン加工のフライパンを使うとどうしても気になるのが、フライパンを買い替える頻度の多さ。

料理の頻度にもよるけど、大体1年くらいでテフロン加工がはがれてフライパンがダメになってしまいます。

買い替えのたび、古いフライパンの処分と新しいフライパンを買い替える手間があり、ミニマリスト主婦にとって悩みのタネでした。

ナナ
ナナ

フライパンを一生使えたらいいのに・・・。

と、ずっと思っていました。

そこで思いついたことが、鉄のフライパンをつかうこと。鉄のフライパンなら、加工がないのではがれることがなく一生使えるはず。

それ以来、鉄のフライパンを使うようになりました。

おかげで、悩みのタネは無事解決!

ミニマリスト主婦の必需品 鉄フライパンの魅力を紹介 メリット・デメリットは何?

ナナ
ナナ

鉄フライパンのメリットはこちら。

鉄フライパンを使うメリット

  • 一生使えるところ
  • 鉄分補給ができるところ
  • 料理が美味しいところ
  • 気を使わなくていいところ

一生使えるところ

鉄フライパンの1番良いところは、大事に使えば一生使えるところです。

鉄フライパンには、何といっても耐久性があります。

私が、テフロン加工のフライパンから鉄フライパンに変えた主な理由がこれです。

テフロン加工のフライパンだと、ダメになる度に買い替える必要があります。

だけど、鉄フライパンだと、大事に使えば一生使えて買い替える必要がありません。

ゴミも出ずに一石二鳥。

ミニマリスト主婦にとって、これが最大の鉄フライパンの魅力です。

鉄分補給ができるところ

女性にとって、鉄分はとても大事な栄養素の1つ。

だけど、なかなか食事から鉄分を摂るのは難しいですよね。

鉄フライパンは、当然ながら鉄でできています。

つまり、鉄フライパンで調理をすれば鉄分が料理に染み込んで、手軽に鉄分補給ができるようになるんです。

鉄フライパンで作った料理は、しっかり鉄分の味がしますよ。

料理が美味しいところ

鉄フライパンで料理を作ると、美味しいです。

テフロン加工のフライパンで作った料理とは全然味が違いました。

鉄フライパンを使うと料理が美味しくなる理由は、高温で調理ができるから。

料理が美味しいか美味しくないかを左右するのが、「火」だと言われています。

家庭のガスコンロは、高温調理にも限度がありますよね。

だけど、鉄フライパンを使えば、フライパン全体に熱が伝わり高温で調理ができます。

炒飯はパラパラに仕上がり、中華料理店で食べるような仕上がりに。

そして、野菜炒めを作ると、野菜から水分が出ずシャキシャキのままの食感です。

気を使わなくていいところ

そして鉄フライパンを使う最後のメリットは、手入れに気を使わなくていいところです。

テフロン加工のフライパンの難点は、キズを付けるとダメになってしまうところです。

だけど、鉄フライパンだと、洗う時どんなにゴシゴシこすっても平気。

調理中に鉄のへらを使ってもOKだし、高温で調理しても痛むことはありません。

鉄フライパンを使い始めて、本当に気が楽になりました。

ナナ
ナナ

鉄フライパンのデメリットはこちら。

鉄フライパンを使うデメリット

  • くっつきやすいところ
  • 錆びるところ
  • 重いところ
  • 洗うのが手間なところ

くっつきやすいところ

鉄フライパンは、調理をするときにコツが必要になってきます。

鉄フライパンに慣れていないと、最悪、入れた食材がフライパンにくっついてしまうことも。

食材がくっつかないようにするためには、

  • 鉄フライパンの汚れをしっかり落とすこと
  • 高温にしてから食材を入れること
  • 全体に油をいきわたらせること

などコツが必要です。

慣れてくると、調理をしてもほとんどくっつかずに、使い終わってもツルっとした表面を保つことができます。

錆びるところ

鉄は、水にぬれたまま放置していると、錆びが発生します。

錆びないようにするためには、洗い終わった後、しっかり水分をふき取ることが大事です。

ナナ
ナナ

私のお手入れ方法を紹介しますね。お手入れはかんたんで、たった2つだけです。

お手入れの方法
  1. 洗い終わった後、火にかけて水分を飛ばす
  2. 油を全体的に塗ってコーティング

まずフライパンを洗ったあと、強火にかけます。

そして、フライパンの水分が完全に飛ぶまで待ちます。

水分がなくなったら火を止めて、フライパン全体に油を塗ってコーティングするだけ。

これで、次に使うときも食材がこびりつかずに調理ができます。

重いところ

鉄フライパンの難点は、フライパン自体に重量があって重いところです。

フライパンが重いので、炒め物をするときは結構、腕が痛くなってきます。

フライパンを出すとき、洗うとき、フライパンを使う度、重さを実感。

重いところが、鉄フライパンを使う1番のデメリットかなと思います。

洗うのが手間なところ

テフロン加工のフライパンの魅力は、何といっても手入れのしやすさです。

洗うとき、ツルっと汚れが取れてあっという間にお手入れが終了。

対照的に、鉄フライパンは洗うとき結構ゴシゴシこすらないと、取れない汚れもあります。

少しでも表面に汚れが残っていると、次に調理するとき食材がくっつく原因にもなるので、ツルっとした表面になるまでキレイに洗うのがポイントです。

アルミブラシを使って、しっかり洗えばOK。

まとめ

今回は、ミニマリスト主婦の必需品の鉄フライパンのメリット・デメリットについて紹介しました。

鉄フライパンは、使いだすと手放せないくらい魅力があります。

だけどその反面、お手入れが大変、重いなど、デメリットも。

慣れるまでは結構、大変だけど、慣れてくると平気になってきます。

ミニマリスト主婦の私が鉄フライパンにして良かったことは、やっぱりゴミが出ないことです。

物を買い替える必要もないし、物を処分する手間もかかりません。

これだけでも私にとっては、家事の負担が減ってメリットでした。

>合わせて読みたい物を減らすと主婦の生活が楽になる!家事の負担が減って時短にも

1度使うと手放せない鉄フライパン、ぜひみなさんも1度使ってみてくださいね。

この記事を書いた人
ナナ

こんにちは、「ねこのライセンス」のサイトを運営しているナナです。

株式投資・節約&貯金・資格の勉強・音楽鑑賞・美術鑑賞・断捨離・ねこが好きな40代専業主婦です。

【私の資格・投資経歴】

【20代】投資家デビュー
    簿記3級取得

【30代】簿記2級取得
    簿記1級不合格

【40代】登録販売者取得
    FP3級・FP2級取得
    宅建取得

現在は、簿記1級を再勉強中!

何の取り柄もない専業主婦の私が、「自分に自信をつけたい!」という思いで資格の勉強やブログをしています。

私の学んだ知識が、ブログを通じてみなさんの役に立つとうれしいです。

そして、私の夢はいつかブログで稼げるようになること。

私は人見知りで人付き合いが苦手なので、外で働くのは正直怖いです。なので、自宅に居ながら好きなこと(ブログ)で稼げたらいいなと思っています。

詳しい私の自己紹介記事は、こちらのページにあります。

専業主婦限定の初心者向け断捨離・お金の無料相談は、こちらのページからお気軽にどうぞ。

お仕事のご依頼・お問い合わせは、こちらのページからお願いします。

ナナをフォローする
PVアクセスランキング にほんブログ村
ねこのライセンス - にほんブログ村
Brandear(ブランディア)
ナナをフォローする
ねこのライセンス
タイトルとURLをコピーしました